ご挨拶
初めまして。ベリーメイトファームの宮田大貴です。私の農園ホームページを見て頂き、有難うございます。私は徳島県阿波市を拠点に、農業を行っています。阿波市は北は山、南は川に挟まれた自然豊かな土地です。
現在は、いちごとブロッコリーを主な品種として栽培しています。
私の農園では、コンセプトにある通り「しっかりと」作物を栽培することを大切にしています。このしっかりとの言葉の中には沢山の意味が含まれています。品質や味は勿論のことですが、農薬基準や肥料成分、減農への挑戦など、細かな所まで気を配り育てています。
皆様に安心安全であり、品質の良い物を届けられると自負しています。皆様の食生活の向上を願い挨拶とさせて頂きます。
何故農家を始めようと思ったのか
正直、私は元々農業に全く興味がありませんでした。一般的な大学を卒業し、東京の大手企業に就職出来たらいいな〜と思いながら、日々を過ごしていました。ある日就職活動をしていると、NPO法人B型支援事業所の応募がありました。弟が徳島県で、B型支援事業所で働いていることは知っていたので、興味がありどの様な施設なのか調べました。調べると共に、本当に悲しい気持ちになりました。給料は週5~6勤務7時間で、約15000円。あとは障害年金と親のお金で暮らして下さいと、普通では有り得ないような雇用形態でした。その上、国からは1人につき毎月約10万円の補助が出るような仕組みになっていました。単純計算で約8万円も、中抜きをしている状態です。友達の親戚などは、両親が働けなくなったら障害を持っている息子共々、心中を考えていたなどの話もありました。
私は、そんな現状を変えたくて農家として起業することを決めました。本当にゼロからのスタートだったので、自己資金と、親からの借入、公庫から1000万円の借金をし、この農園を作り上げました。なぜ農業かと言うと、現在B型支援事業所の多くは、軽作業がメインとなっています。部屋の中で、同じ作業を行い続けるよりも、外に出て自然の中で仕事を行い、脳に沢山良い刺激を与えることが出来ると考えたからです。また農業であれば、1年中仕事が途切れること無くあり、沢山の人達と仕事が出来るんじゃないかと思ったからです。
経営理念
私の農園は、日本農業の未来を見据え、若い世代が夢を持ち、障害を持つ人々と手を取り合い、支え合いながら進んで行くことを目的としています。そして、作物の質には拘り皆様に安心安全であり、美味しいものをしっかりと届けることを理念としています。
aisato001
aisato002
私の畑では、全ての作物を土耕にて栽培しています。
その中でも特に力を入れているのが微生物による減農薬栽培です。
日本ではあまり知られていない特殊な微生物を入れることにより、作物自体の抵抗力を上げることで病害虫などを防ぐ効果があります。
その為、殺菌剤や殺虫剤などをなるべく抑え、安全な物を皆様にお届けする事が可能となっています。